トランクルーム(貸し倉庫)経営とは?

交洋のトランクルーム(貸し倉庫)”KOSS”の特徴

 最近の住宅事情を踏まえてアパート・マンションの建設ラッシュに伴い、数々の問題点が発生してまいりました。No.1は収納スペースが少ないことです。今まさにトランクルーム(貸し倉庫)の需要は増加の一途と言えます。
そこで、当社”交洋エンタープライズ”は地主様に安心で安全なトランクルーム(貸し倉庫)経営をしていただこうと、投資用に最適なオリジナルトランクルーム(貸し倉庫)を開発いたしました。

  • サイズ
    ボックスの外寸法である(間口:1430、高さ:2000、奥行:2700)というサイズはおよそ、6尺押入れの
    2.5倍の広さであり、弊社が市場調査した結果、一番入居率が高く、一番需要があるサイズとなって
    おります。
  • 設置場所を選ばない個別設置
    弊社のトランクルーム(貸し倉庫)”KOSS”は、個別設置が可能です。つまり、旗竿、L字、三角、細
    長等の異形状地や極小地に対して、設置スペースおよび搬入工事の問題をクリアできます。また、
    個別設置のため移設や移動も容易に出来ます。
  ※その他にも、利用者に選んでいただけるトランクルーム(貸し倉庫)であるための工夫を随所に施して
    おります。

トランクルーム(貸し倉庫)経営を比較

 トランクルーム(貸し倉庫)経営が他の不動産活用法と比較して、どんなに優れているかを比較してみましょう。
毎月、\420,000の家賃収入を得ることを条件に、KOSS経営(トランクルーム(貸し倉庫)経営)、今流行のアパート経営、とっても楽チンな駐車場経営を比較してみました。

 
KOSS
アパート
駐車場
初期投資
\21,593,250
本体+設置費用
\36,750,000〜\52,500,000
2LDK、6戸1棟、植栽、
駐車場等
\5,040,000 
不陸整正、砕石、アスファルト
家賃収入
\425,250
1スペース¥9450×45台
\420,000
一室¥70,000×6部屋
\420,000
1スペース\6,000×70台
必要な面積
約110坪
設置面積×2倍
約150坪
敷地面積80坪+
駐車場50坪+α
約341坪
駐車面積+4m幅の通路
耐用年数
約15年
約25年
なし
メンテナンス費用
塗装、シーリングのみ
維持経費大
小額
解体および
撤去費用
\1,350,000
撤去費用のみ
\2,500,000
解体費用+撤去費用
なし
需要と供給
需要大
供給過多
市外中心以外
供給過多
立地条件

駐車場と併設可能 

地形、大きさは問わず

大きな面積を要する 
近隣に需要者が住んでいることが必須であり、非常に大きな面積を要する

 ※1 上記表はアパート1棟と同額の収入を得ようとした場合の比較です。

 ※2 稼働率は100パーセントを前提としております。

 ※3 アパート、駐車場の金額設定は弊社概算としております。

まとめ

  • どんな土地でも設置が可能。
  • アパート経営と比較して、約2倍の利回り。